サラリーマンの投資と仕事研究所

サラリーマンのビジネス手法研究とその実践記録

財務諸表をエクセルで無料ダウンロードする方法

日本の上場会社に関する財務諸表をエクセルで無料ダウンロードする方法を調べたのでまとめていきたいと思う。
結論から言うと、今の時点で財務諸表の詳細情報をエクセルのデータベースで入手するのは無料では難しい。
但し、1社に絞れば詳細情報を入手する事は可能であり、ある程度の概要であれば無料でエクセルのデータベースにアクセスできる。
これらの方法についても合わせてまとめておく。
f:id:kazooloop:20181007233138j:plain

<目次>

財務諸表をエクセルで無料ダウンロードする方法は?

まず最も簡単な方式は各企業が公開しているファイルをダウンロードする方法だ。
各企業は財務諸表のデータを公開する際にエクセルでも開く事の出来る方式で公開している。
エクセルは結構汎用的に使えるソフトだと改めて感じる瞬間だ。
順序としては以下のようになる。
EDINETにアクセスする。
②財務諸表のXBRLをダウンロードする。
③ダウンロードしたXBRLファイルをエクセルで開く。

財務諸表をエクセルでデータベースにする方法

財務諸表の数値そのものをエクセルで管理していく方法になる。
有限会社プレシスという会社がATOMフィードを発信してくれているため、1次ソースにこだわりがなければこちらの数値を使うのが一番楽な方法だと思う。
「有報キャッチャー」ではエクセル上で財務諸表の数値を呼び出せるため、こちらを使用してデータベースにすると良い。
但し、財務諸表の細かい数値、例えば資産額ではなく現金等などのどのような資産で保有しているかといった事までは有報キャッチャーでは知る事が出来ない。
上の方法で1件づつ確認していく必要があると思われる。

有料契約で財務諸表の詳細情報を手に入れる方法

財務諸表の詳細情報は会社四季報がデータとして保有している。
会社に担当者をつけてデータを随時アップデートしているようだ。
非常に細かいデータまで見ることができ、非常に便利である。
銘柄ごとのニュースやインタビューなどもあり、情報が充実している。
但し、今現在5,400円/月と少々値が張る。
株式投資で収益を得ることができるようになったら移行するのもいいかもしれない。
私は数か月契約したが、値段が高かったので継続する事が出来なかった。

まとめ

個別に詳細/概要をダウンロードする方法を紹介してきた。
個別に財務諸表をダウンロードして勘定毎にデータベース化するのが最高であるが、手間がかかる。
会社四季報が情報の充実度合も含めて最強であるが、有料なのが痛いところである。
銘柄のスクリーニングに詳細情報を使うのであれば会社四季報、注目する個別銘柄のチェックであれば適時開示情報でチェックするのが良いと思う。