サラリーマンの投資と仕事研究所

サラリーマンのビジネス手法研究とその実践記録

(Excel)エクセルで六角形の表(レーダーチャート)を作る方法を解説する

<目次>

 

六角形の表の正式名称とは

レーダーチャート」と言うそうです。教科書的には、いくつかの変量を構成比に直さずにまとめて比較する方法として有名で、複数の項目の結果を表示し、量の大小を把握しつつ、構成比にそのバランスや特徴を見るときなどに使用されます。

具体的に言うと例えばゲームでは攻撃力とか防御力とか数値になっているので、構成比毎に比較できるっていう話ですね。

 

六角形の能力表ってよく見るよね

ゲームで六角形の能力表ってよく見ると思うんだけど、なんていうグラフの種類かっていうのはあまり有名じゃないですよね。

とてもわかりやすくないですか?面積が大きい方が能力が高いっていうのが一目でわかるので、わかりやすいと思います。

体力診断テストの回答が六角形の表で帰ってきた時は、嬉しかったですね。自分がゲームのキャラクターになったみたいで。僕だけか。いや、いるはず。面積大きいだけで強くなった気がしたものです。

 

六角形(レーダーチャート)のエクセルでの作り方

このレーダーチャートはエクセルで作成する事が出来ます。私はExcel2007を使用していますが、下図のように項目・数値を入力し、範囲を設定した上で挿入⇒その他グラフ⇒レーダーチャートの順でクリックしていけばレーダーチャートが出現します。

f:id:kazooloop:20170117131732j:plain

レーダーチャートからは肉体派の人物がなんとなく想像出来ますね。