サラリーマンの投資と仕事研究所

サラリーマンのビジネス手法研究とその実践記録

株式投資を自動で行うシステムトレードを行うための環境設定について

勝手に株式売買を行い、利益を積み上げていってくれるというのがシステムトレードの目指すところです。
完全自動売買を実現するまでには一部手動で行い、だんだんと自動でできるように一部をプログラムやマクロで実行するようにしていくという方向性が良いと思い、実行していっています。

現在では完全に自動化とはいかないまでもだんだんと形をなしてきているので、その中身について説明していきたいと思います。

注:今回はどのようなロジックでシステムトレードを行うのかというよりは、どのような環境でシステムトレードを行うのかという環境の部分について説明します。

<目次>

パソコンの自動起動

パソコンのBIOS機能に自動起動機能があります。時間を設定するとその時間にパソコンを起動してくれるというものです。

お名前デスクトップなど外部で365日間起動させておいてプログラムで動かすという手もありますが、私は自宅のPCを毎日決まった時間に起動させてプログラムを実行しています。
サラリーマンで働いているので昼の時間の自宅PCは使用していないからです。

電気代はかかりますがモニターをオフにしておくなどの工夫をしています。

家族がいる人は触らないように話をしておく必要がありそうですが。まぁリスクはありますね。

家のパソコンを使うことに関するメリットとデメリットは以下と考えています。
メリットは費用が安い、遊休資産の活用ができる
デメリットは外出先から動かせない、自分以外の人間が触れてしまう

といったところでしょうか。代替手段はお名前デスクトップなどの外部パソコンなので検討してみてください。

岡三RSS

岡三証券のサービスです。エクセルシートに株価を取り込んで発注までエクセルシート上でできてしまうという神サービスです。有料ですが、無料お試し期間があります。
岡三証券はA8.net
のセルフバックで岡三証券の申し込みをすることでキャッシュバックを受けることができるのでA8.netの無料登録をしておくのがオススメです。

UWSC

このソフトはWINDOWSをマクロ化して動かすことができるという点です。エクセルのVBAとか動作を記録、を通常のWINDOWSでできるというイメージです。

岡三RSSを自動立ち上げさせて、UWSCと岡三RSSの機能で自動売買を行っていきます。

まとめ

これらがシステムトレードをやる上で必要になってくるサービスになります。具体的なやり方については次回以降順を追って説明していきたいと思います。