サラリーマンの投資と仕事研究所

サラリーマンのビジネス手法研究とその実践記録

(2015/12/11~12/18)一週間の株式投資結果を振り返る!利上げの影響は限定的と踏んだらちょっとやけどした!

YUKA150701038569-thumb-815xauto-20154


恒例で投資結果を振り返ってみたいと思います。米国利上げに対してどのように反応したかが大きなポイントになったかと思います。結果的に12/11時点よりも下がってしまいましたね。利上げの都度下がっていくような相場展開になるのでしょうか。

ここ2週間は1週間で1%強づつ下落していくような展開になっています。

日経平均
再開日(11/20):19,879.81
先週(12/11)   :19,230.48(対再開日:▼3.3%)
今週(12/18)      :18,980.80(対再開日:▼4.5%)(対先週:▼1.2%)

 

米国利上げ発表後に上昇したのを受けて、米国利上げの影響は限定的と踏んでしまい、株主優待につられてきちりを買ってしまいました。結果、株式市場の下落に巻き込まれて下落しました。
ポートフォリオ

キャプチャportfolio

<余力情報>

キャプチャ余力


再開(11/20):540,403円

先週(12/11):563,724円(対再開:+4.3%)
先週(12/18):562,624円(対再開:+4.1%)(対先週:▼0.2%)

今回は優待狙いのみなので、クロス取引等でやっておけばよかったと後悔しています。やはり信用取引もできるようにしておかなければならないと思いました。
なかなか成長しませんね。悔しいです。
ただ全体が▼4.5%の中でパフォーマンスが+4.1%なので良しとします。やはり自信のあるトレード以外はやらない、やるならばリスクを取るのが重要ですね。

<今回の学び>
信用取引を早期に実行可能にすること。
・優待狙いで直前に安易に買いに行かないこと。優待のみに魅力を感じている場合はリスクを排除して狙いに行けるかどうか、確認しておくこと。
・自信のあるトレードはもっとリスクを取りに行く一方で自信のないトレードはなるべくしない。